Home » 防犯システム

防犯システム

防犯システム一覧
防犯システム

各防犯システムの種類をクリックしますと、詳しい説明ページをご覧頂けます。
下記に無いシステムをご希望のお客様はお気軽にお問合せください。

パッシブセンサー
パッシブセンサー
パッシブセンサーとは、主に室内に施工する事で、人体から放出される微量の赤外線を感知し、 人が監視領域内にいるかどうかを判断します。
センサーが人を感知すると、室内外に同時設置をする警報機を鳴らし、さらに防犯カメラと合わせて使用する事により、通報を受けた管理者が映像を確認しながら対処する事が可能です。
炎センサー(煙探知機)
炎センサーとは、火事の大きな災からライターの微弱な炎までを感知し、 監視領域内に異常があった場合には、音声で威嚇する事が出来ます。
また、防犯カメラと合わせて使用する事により、映像を確認しながら対処する事が可能です。
マンション・お寺・学校・トイレ・火気厳禁の場所・危険物を取り扱う場所で効果を発揮します。
警報ベル
センサーと同時施工することにより、異常発生時に光と音を発して周囲に知らせる装置です。
屋外、屋内の両方に施工する事により、さらに効果を発揮します。
赤外線センサー
監視領域の四隅に施工する事により、見えない境界線を赤外線で作り部外者の侵入を監視します。
異常があると携帯電話に知らせたり、警報ベルと連動させて音と光で威嚇したりすることも出来ます。
防犯カメラと合わせて使用する事により、映像を確認しながら対処をする事も可能です。 中古車販売店やお屋敷などの越えられたくない境界線を守ります。
携帯電波映像通報システム
監視カメラやセンサーと連動させることにより、監視領域で異常が起こった時に お手持ちの携帯電話に電話がかかり、自動的に映像が送られてきます。
その電話に話しをすると、直接音声が送れますので、自分の声で威嚇をする事が出来ます。
メールで設定をすると、管理者に電話ではなくメールでお知らせをします。
マグネットセンサー
センサー作動時にドア・窓の開閉があった場合にセンサーが作動し、 お手持ちの携帯電話にメールや電話で知らせます。
防犯カメラと合わせて使用する事により、映像を確認しながら 対処する事が出来ます。

株式会社スカイダイニング