Home » 病院・介護施設防犯システム

病院・介護施設防犯システム

病院や介護施設に防犯システムを導入することで、患者様の安心・安全を守るだけで無く、病院をも守ることで資産価値を高めます。
又 手術の公開などにも利用出来る他、センサー導入で火災や放火等も素早く察知し対応が可能になります。
「遠隔操作できます」
待合室の状況を確認する事で、急病人や気分が悪くなった患者を確認でき、スムーズな対応ができます。
又、施設から遠く離れたオフィスや自宅から、パソコンや携帯電話で様子を見る事が出来ます。
さらに、レジや金庫前に設置する事で、内部犯行や強盗などの犯罪の抑止効果を高めます。
「用途に合ったカメラをご案内します」
今までは病院・施設など広い範囲に死角を作らない為に数多くのカメラの台数が必要となり、結局高コストになりがちでしたが、PTZカメラならカメラの向きを上下左右ズームなど自由自在に操作する事で広いエリアを監視することが可能であり、もちろん遠隔地の携帯・PCからカメラ操作可能です。
又、夜間真っ暗になってしまう施設内でも、赤外線カメラや高感度カメラを使用することで、照度が無い場所でも鮮明な映像を撮影できます。
さらに、施設の景観を損なわないように、火災報知機などにフェイクしたカメラがありますので、患者さんが気にすることなく過ごせます。
「カメラとセンサーを連動できます」
敷地内にセンサーとカメラを設置する事で、センサーが発報した場合に携帯電話などですぐに映像を確認する事が出来ます。
例えば、警備員の携帯にメールや電話の着信をする事により、すぐに現場に駆け付ける事が出来ます。
煙探知センサーや炎探知センサーと組み合わせる事で、放火や火災が発生した場合にで電話やメールでお知らせする事ができます。
「病院・施設の資産価値を高め、利用者の獲得が出来ます」
エントランスに設置し撮影する事で来訪者を確認する事ができ、また、不審者を威嚇することができます。
また、手術室に設置して手術を公開する事により、患者とその家族に安心感を与える事ができるので、他の病院・施設との差別化に繋がり、病院・施設の資産価値を高め、利用者の獲得が出来ます。

株式会社スカイダイニング